ブログ

ブログ

弥富学区防災訓練

2011年11月13日

弥富学区防災訓練は、先ず、DVD映像による講習会からスタートです。

2011.11.13
 弥富学区では、地域防災力の向上に向けて学区内各避難所ごとの4地区に分けた防災講習会が行なわれ、今日はその総括として、弥富小学校での学区防災訓練が実施されました。

 弥富学区防災訓練では、訓練前に学区内のひとり暮らし高齢者278名の安否確認訓練が行われた後、体育館でのDVD映像等での講習会や運動場での起震車を使った震度7の震度体験、簡易テント設営、消化器使用法とAEDによる救命法の講習等が行なわれ、防災訓練の最後には、先般の区消防団活動技術発表会で優秀賞を受賞した弥富消防団がポンプ放水操法が披露されました。


弥富小学校校庭で行われた学区防災訓練。

起震車での震度7の震度体験。


外出中での地震発生時の行動ポイント


消防団のみなさんが講師を務める消火器使用法の講習

地震と火災は隣り合わせ、住民のみなさんの消火器使用訓練。


弥富コミセンでの炊出し訓練会場から運び込まれたおにぎり。


AEDを使用した救命訓練。

学区役員のみなさんが指導するテント設営訓練。


活動技術発表会で優秀賞を受賞した弥富消防団のポンプ放水操法。

.


訓練を終えて、私からも参加者のみなさんに平素からの備えをお願いしました。

 今日の防災訓練には、学区町内会から約300名のみなさんが参加されて行われましたが、訓練終了時には、私から参加者のみなさんへの挨拶の機会も頂き、私からは、東日本大震災被災地の様子に触れながら「各地域、家庭で防災についての話合いを深めて欲しい。」旨をお願いしました。

 名古屋市内でも、3月の東日本大震災を教訓とした地域活動が活発化していますが、私の暮らす瑞穂区でも、こうした防災訓練以外に様々な取組みが行われていて、今後、そうした地域の様子や取組みも本ブログで紹介していきたいと思います。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。