ブログ

ブログ

瑞穂区内の防災用デジタル移動無線訓練

2011年11月14日

区内に46機配備されたデジタル移動無線機。

2011.11.14
 瑞穂区では、区内5つの中学校区単位で防災用デジタル移動無線の操作、通信訓練が行われました。
 市では、災害発生時の各種情報の収集・伝達等の防災情報網確保のため、平成20年度~22年度で、従来の地域防災無線をデジタル化したデジタル移動無線の配備を進めていて、瑞穂区には現在、区役所、消防署、公所、小・中学校等に46機のデジタル移動無線機が配備されています。


萩山中学校特活室での3学区合同無線訓練。

 私の暮らす地域では弥富学区、中根学区、豊岡学区の3学区の防災担当役員のみなさんが萩山中学校特活室に集まり、防災デジタル移動無線の送受信訓練を行いましたが、訓練に参加された方々からは、実際に災害が発生した場合を想定しながら無線操作についての様々な意見が寄せられました。

 私は、3月の東日本大震災発生以来、岩手県陸前高田市、宮城県石巻市、女川町七ヶ浜町などの被災地を視察しながら、災害ボランティアにも参加し、その被災地域や避難所仮設住宅などの現場の様子を直接見聞きしてきましたが、体育館等での避難所の様子が頻繁に報じられる被災地避難所では、その地域の関係者や行政機関が各避難所で行う情報収集・整理・発信等は、災害対策で重要な役割を担っていたことなどをみなさんに伝えながら意見交換をさせて頂きました。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。