ブログ

ブログ

名古屋市会北朝鮮拉致問題議員連盟

2011年11月16日

2011.11.16
 市議会では、本年10月に超党派有志議員20名で「北朝鮮による日本人の拉致問題の一刻も早い解決を求める名古屋市会議員連盟(名古屋市会北朝鮮拉致問題議連)」(会長=藤沢忠将議員:自民,南区選出・副会長=舟橋猛議員:減税日本,名東区選出)を発足しました。

 北朝鮮拉致問題は、平成14年9月の日朝首脳会談で北朝鮮が拉致事実を認め、5名の被害者帰国とその家族の帰国以降は進展が見られない状況のままで、名古屋市議会では過去2回に渡り国への意見書を提出していますが、今回の名古屋市会北朝鮮拉致問題議連は、北朝鮮拉問題を風化させない取組みを行うために発足し、私は、議連幹事長に就任しました。

 名古屋市会北朝鮮拉致問題議連では、議連発足後の第1回活動として、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(拉致被害者家族会)」の飯塚繁雄代表と増元照明事務局長を講師に迎えた勉強会を開催しましたが、拉致被害者家族会の増元事務局長と私は、私が自民党愛知県連青年局長を務めていた平成20年に北朝鮮拉致問題の早期解決を訴える街頭活動をともに行った経緯もあり、今回の勉強会では、飯塚、増元両氏から拉致被害者家族会や全国に37団体が設立している「救う会」全国協議会の活動内容などの説明を受けるなど、数時間に渡る意見交換会を行ったうえで今後の連携強化を約束しました。

北朝鮮拉致問題政府ホームページ
「救う会」全国協議会ホームページ
増元照明氏ホームページ


アニメ「めぐみ」ダウンロードサイト

※拉致被害者 横田めぐみさんは、昭和39年に名古屋市昭和区内の病院で生まれています。