ブログ

ブログ

名古屋高速4号線東海線…木場?東海JCT開通

2011年11月19日

新たに開通した名古屋高速4号東海線の区間図。

2011.11.19
 市議会公社対策特別委員長として、名古屋高速4号東海線の木場IC?東海JCT開通式に出席しました。
 今回の開通式は、市内南部域ほぼ中央を南北に通過する高速3号大高線を西側で並行する高速4号東海線の港区木場IC・船見IC、伊勢湾岸自動車道と連結する東海JCTの区間完成に伴うものです。

 開通式はあいにくの大雨となり、式次第等が変更されて時間が短縮された式典となりましたが、式典後は主催者のバスでの通り初めと併せて、東海JCT?木場IC?(一般道)?六番町IC?都心環状線?東海ICの区間走行に同乗しました。

 私が乗車したバスコースでは、木場ICで一旦、高速を降り、六番町ICまでは一般道迂回となりましたが、これは、高速4号東海線建設の最大難所となっている熱田区六番町交差点付近での東海道新幹線路線との立体交差が未完となっているためでした。
 高速1号楠線・3号大高線と並行して、市内を南北に通過する高速6号江川町線・4号東海線の全線開通は、平日の通勤時間帯等には、頻繁に大渋滞を起こしている高速1号楠線-3号大高線のバイパス効果も期待され、県内西部や都心域からの自動車交通の利便性向上にも重要な区間となることから、今後は、六番町?木場間の早期開通が重要課題です。

※掲載の路線図画像はクリックすると拡大します。