ブログ

ブログ

2010年 自民党県連の再生始動…「県民運動局設立総会」

2010年01月04日

県民運動局局長 熊田裕通県会議員の開会挨拶。

2010.01.02 Part2
 自民党県連"県民運動局"設立総会が開催されました。

 県民運動局は、昨年夏に自民党県連会長に選出された鈴木政二県連会長の自民党再生への想いを受けて、自民党県連の活動第一線を担う青年局、女性局、青年部、青年議連、女性議連の3部局2議連の組織を結集し県連会長直属機関に位置づけ、愛知からの党再生に向けた活動を行うために設立されたものです。


県民運動局局長代理兼3部局2議連会議座長として、設立趣旨の説明を行う。

 県民運動局設立にあたっては、2010年の当初の設立に向けて、昨年から各組織代表による打ち合わせが重ねられ、今日の設立総会には、各組織の代表、役員、約100名が参加し、"県民運動局"の設立趣旨や活動方針、役員案などの説明の後、全会一致の原案賛同を得て、正式に自民党県連"県民運動局"が設立しました。

 今後の活動として、先ず最初の取組みは、広く県民からの国政、県政、市政への意見、要望を聴取し、県民協働による運動展開を実施するため、本年4月に臨時県連大会を兼ねた自民党愛知県民大会を開催することなりました。


愛知自民再生向けて、県連3部局2議連組織の総力結集と臨時県連大会(県民大会)開催を提言しました。

 私は、昨年の衆議院総選挙による自民党大敗、政権交代を受け直ちに、私が所属する党県連青年局緊急役員会の席上で、「自民党の信頼回復のためには、先ず、党への叱咤、指摘をはじめ様々の声を広く聞き、今後の再生に反映するため、早急に臨時県連大会を開催するべき。」と提言し、熊田青年局長を始め党青年局同志の賛同を得て、鈴木会長に進言しました。

 鈴木県連会長には、私たちの進言を直ぐ受け入れて頂き、県民運動局設立と臨時県連大会開催を"愛知自民の再生への第一歩"と位置付け、更に「党員に留まらず更に広く県民の声に聴く機会」として「県民大会開催」へと発展させて頂きました。

 こした経緯から、私たち県民運動局は、今後、この県民大会の企画、運営についても深く係わっていくこととなり、名古屋市は愛知県の中心的役割を担う大都市としても位置づけられることから、私も今後、こうした党の県民運動や大会も通じて、市施策の充実に繋がるような機会としていきたいと思います。


自民党県連会長 鈴木政二参議院議員の国政報告と講演

 設立総会後は、鈴木政二県連会長からの講演が行われ、現在の民主党政権での国会の様子や北朝鮮問題が報告されて、その後、鈴木県連会長から「我々は、自民党のためというより、国民のために頑張らなければならない。」と県民運動局の活動への期待と激励の言葉を頂きました。

 今日の設立総会で私は、県民運動局局長代理と併せて党県連3部局2議連会議の座長に就任し、各組織からの様々な意見、要望の取りまとめと併せて、党再生に向けた県民運動の具体的活動を行っていくこととなります。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。