ブログ

ブログ

第3回東山再生フォーラム

2010年01月16日

名古屋市公館で開催された第3回東山再生フォーラム

2010.01.16 Part2
 第3回東山再生フォーラムを傍聴しました。
 昨年の第2回フォーラムを傍聴した際にパネラーとして参加していた大学生たちからの意見がとても新鮮で、私の市議会での議論にも大変に役立ったことから、今回も是非傍聴したいと思い参加しました。

 今回のフォーラムでも第2回パネラーの愛知淑徳大学の学生さんたちも再びパネラー参加し、各方面からの学識者、市担当者に加えて、今回は小学4年生〜高校2年生までの子どもたちや学生のみなさん27名がパネラーとなって、先般、市議会の土木交通委員会に報告された東山動植物園再生プラン「新基本計画素案」についての討論が行われました。


討論前には、最初3世代家族が25年後の東山動植物園を訪れたイメージストーリーが語られ、新基本計画素案が説明されました。

 討論会は、河村市長のコーディネートでパネラーの子どもたちや学生のみなさん一人一人から、東山動植物園への意見やアイデアが出され、河村市長がその度に市の担当者に「はい、答えて上げて下さい。」と回答を求め、市の担当者からパネラー発言に対して、現状や今後の方針などの説明が行われました。 
参加パネラーのみなさんからは

  • 高齢者のためにもっと園内のベンチを設置して。
  • カート(トラム)が導入されたら使用料がいるの?出来たら無料が良い。
  • 海洋ゾーンでは水槽の上から魚たちに餌やりをしたい。
  • 今まで園内で食事が出来るところが少なかったので、フードコートやレストランが出来るのは、とても良いと思う。
  • もっとエレベーターを増やして。
  • 海洋ゾーンに(観覧用の)水中トンネルを作って。
  • 園内に写真スポットを沢山作って欲しい。
  • 食べ歩きをしている人がいて、ゴミが落ちていたりするからゴミ箱を増やした方が良い。
  • 正面門のエントランスゾーンにコーヒーショップを作って、大人たちがコーヒーを飲んでいる時に子どもたちは近くの池で魚に餌やりが出来るような遊び場を作って欲しい。
  • 食べ歩きは、食べ物を動物たちが見ると可哀想だから、禁止にした方が良い。
  • 環境に配慮して公共交通機関で来た人には大きな特典があると良い。
  • 植物園と動物ふれあい広場を合体したら。
  • 日本の里、めだか館に東山の里山の中にいる昆虫や小動物、絶滅危惧種の季節ごとの説明コーナーを作ったらおもしろいと思う。
  • サマースクールなど夏休みの自由研究ができる企画をやって欲しい。
  • コンビニで「動物の顔弁当」を売って欲しい。
  • 園舎までの路に動物の足跡などで案内したらおもしろいと思う。
  • 動物園と植物園の間には何も施設が無いから、動物園から植物園に行く人が少ないのでは。
  • 東山スカイタワーのライトアップが単一(単色)で「綺麗だな」というよりは「あーやってるな」という感じ。
  • 動物園と植物園とで分けるのではなくて、動物を見ながら植物も見れるなどにしたらどうか。
  • 日本の里ゾーンにやぎや鶏などの日常的な人間と関わり合いのある動物とふれあうコーナーがあると良い(そこでやぎの乳を絞って飲めるなどの体験も楽しそう。)
  • アフリカゾーンとかでは、施設が広過ぎて動物が遠くに行っしまったら、つまらないので近くに来る工夫を考えて欲しい。
  • 植物園では、学生カフェやコンサート、市民花壇などを計画されているようなので楽しみにしている。
  • 学生参加の企画を考えているのなら、エントランスゾーンにボランティアセンター設置して欲しい。
  • 星が丘の近隣大学と連携する計画は楽しみにしている。
  • ただ、動物や植物を見るだけではなく、もっと参加出来る企画があると良い。
  • レストランを利用する時、夜だけでも行くこともできるように半額のナイトチケットなどができることに期待しています。

子どもたちや学生のみなさんから様々な意見、アイディアが出された討論会

…などの意見、アイディアが出されました。
 こうした中には、鋭い意見や質問も多数出され、「生き物を飼うための新しい施設を造ると工事車両の出入りなどで東山の野生の生き物に影響が出る。」との発言には、一瞬、河村市長を始め関係者一同が絶句していたようにも思え、他にも回答する市の担当者が時折、苦しい答弁となっていた場面もあって、こうした発言に私も「なるほど…」「子ども・学生パネラーたち侮れず(・_・;)」と思いながら聞かせて頂きました。

 今日のフォーラムでは、私は後の日程の関係から、子どもたちや学生パネラーのみなさんの発言を聞き終わってから途中退席しましたが、約1時間に渡った討論の内容は期待通りに大変に有意義なもので、今後の市議会での議論にも役立つ成果を得られました。
 また、こうした機会があれば、是非、参加したいと思います。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。