ブログ

ブログ

「自民党県連県民運動局」新常任役員を迎えての議論

2010年02月05日

自民党連県民運動局常任役員会

2010.02.05
 自民党県連県民運動局常任役員会が開催されました。
 自民党新生と住民共同の運動を展開するために設立された県民運動局では、最初の取り組みとなる本年4月開催予定の「自民党愛知県連 県民大会兼臨時県連大会」に向けて実行委員会を組織するのと併せて、事業企画部、広報部、事業推進部、運営部による体制をとることとし、現在までの県民運動局役員に加えて、自民党県連青年局、女性局、青年部と青年、女性両議員連盟の3部局2議連から新たな常任役員を選出し、本日、常任役員会兼実行委員会の初の会議が開催されました。


県民運動局座長として会議の取りまとめを行う。

 私は、同局座長として会議の取りまとめ役を務めましたが、会議では、従来の枠組みに捕らわれない新しい発想やアイディアを出し合うなどの忌憚ない議論をしながら、ひとつの方向を導き出すこととし、2時間近くの自由議論を行いました。
 会議では、昨年夏の政権交代、自民党下野による切実な危機感を感じる発言も多く出されましたが、それでも前向きに新生に取り組もうと様々な意見、提案を積極的にしてくれたみなさんには、心から感謝するとともに頼もしさを感じました。
 実行委員会終了後は、会議で出された意見、提案等をもとに事業企画部の会議が行われ、部長を務める自民党県連女性局長の神戸洋美県会議員を中心に協議が行われました。

 今回、実行委員も兼務し新たなに就任した新役員には、愛知県議会、名古屋市議会以外にも県内の市町村議会の議員や議員以外の方も加えて編成され、今後も更に広い人材を迎えて体制拡大と強化を図っていきます。