ブログ

ブログ

2月定例会本会議の採決…2

2010年03月24日

2010.03.24 Part3
 午後5時に再開された本会議では、休憩前に引き続き17件の議案採決が行われました。

 本会議では、先般、自民党市議団からの提案により、総務環境委員会に付議されていた「住民投票条例案」について、より充実した内容とするため継続審議とすることが、総務環境委員長から報告され、賛成多数『賛成=73(民26,自23,公14,共8,社民1,気魄1)、反対=1(民ク1)』で継続審議とすることが議決されました。

 この他、議員提案3件も併せて議題となり、公明党市議団提案の「使用料の増額等に係る市民への周知期間の確保に関する条例案」は『賛成=66(民26,自23,公14,諸派3)、反対=8(共8)』の賛成多数で可決され、先般、議決した「名古屋市議会基本条例」に基づいて、費用弁償を支給しないことを内容とする条例を全会一致、議員報酬の月額10万円削減、政務調査費領収書の全面公開を内容とする条例案は『賛成=72(民26,自23,公14,共8,社民1)、反対=2(民ク1,気魄1)』で可決されました。

 先日、民主、自民、公明の3会派で合意された市民税減税をひとまず平成22年度の1年とする「名古屋市市民税減税条例の改正案」が民主党市議からの提案の後、財政福祉委員会に付議されて、現在、本会議が再度休憩となっています。

 また、今回の本会議では、私が昨年の9月定例会で「料金引き下げ」を求め、河村市長が実施を決断した「水道料金条例の改正案」も全会一致で可決され、本年10月の水道料金から適用されることとなりました。

※写真はクリックすると拡大します。