ブログ

ブログ

2月定例会本会議の採決…3

2010年03月24日

本会議起立採決の様子

2010.03.24 Part4
 名古屋市市民税減税の改正案を審議していた財政福祉委員会の審議か終了し、議会運営員会開催の後、本会議は、午後7時に再開され、財政福祉委員長の報告の後、本会議採決が行われ、『賛成=64(民26,自23,公14,社民1)、反対10(共8,民ク1,気魄1)』の賛成多数で可決されましたが、今まで静かに本会議進行を見守っていた河村市長は、この時だけは、自席から「大丈夫かほんとに、世紀の第暴走だぞ、こりゃ」と大声を張り上げました。

 同件議決の後は、議員年金廃止の決議案が提案され、賛成多数『賛成=73(民26,自23,公14,共8,民ク1,気魄1)、反対=1(社民1)』で可決され、その後、自民党市議団の工藤彰三議員(熱田区選出)から、先般の本会議で質された、トワイライトスクールの事業者選定に対して、当時の市経営アドバイザー(3月23日辞職)の藤岡喜美子氏と河村市長による不適切介入について、地方自治法第100条による調査特別委員会(100条委員会)設置を求める提案が行われ、賛成多数『賛成=72(民24,自23,公14,共8,諸派3)、反対=2(民2)』により可決し、同特別委員会の即日設置のため本会議は、三度の休憩とに入りました。