ブログ

ブログ

平成22年度名古屋港管理組合議会議員総会

2010年06月02日

名古屋港管理組合議会が行われる組合庁舎(左) (右は今年の9月に移転予定の同組合新庁舎)

2010.06.02
 名古屋港管理組合議会(名港議会)は、愛知県議会、名古屋市議会からそれぞれ15名の議員が選出され、定員30名で構成されています。
 名港議員の任期は2年(平成21年度〜22年度)となっていますが、両議会とも1年任期の交代が慣例となっていて、平成21年度の名港議会議員は、一旦議員辞職の手続きを取り、あらためて各議会での選挙により選出されてきます。

 今日は、平成22年度名古屋港管理組合議会議員総会が開催されて、両議会から選出された議員の初顔合わせが行われ、議会運営委員の選出と6月9日召集予定の6月定例会に提案予定の議案や名港管理組合の所管事務の説明等が行われました。
 また、改選後の議会運営委員会の初会議も開かれ、企画総務、港湾建設の各常任委員会への割り振りや名古屋港の国際港湾として機能強化のため、全議員構成による「国際競争力強化特別委員会」の設置、隣接連携港である三重県の四日市港管理組合議会との意見交換会の開催などの協議も併せて行われました。

 私は、昨年から引き続き、平成22年度も名古屋港管理組合議会議員となりましたが、併せて今年度も議会運営委員会委員と名港議会あり方検討会委員を引き続き拝命し、新たに本会議進行係を務めることとなりした。
 また、常任委員会の配属は総務企画委員会となる予定(6月定例会で決定)です。