ブログ

ブログ

瑞穂区子ども会リーダー養成キャンプ

2010年07月17日

瑞穂区役所に集合した子どもたち、今日から3日間のキャンプ生活が始まりす。

2010.07.17
 今日から3日間、瑞穂区の地域子ども会育成連絡協議会(区子連)が主催する子ども会リーダー養成キャンプに同行します。
 名古屋市内の各区子連では、毎年の夏休みに子ども会リーダー養成キャンプが行われていますが、昨年までは、市内の殆どの区の区子連では、中津川の「名古屋市中津川キャンプセンター子ども会キャンプ場(中津川キャンプ場)」を利用していました。
 しかし、同キャンプ場は、平成21年度をもって廃止となることとなり、瑞穂区の区子連では、今年の子どもリーダー養成キャンプから、おんたけ休暇村キャンプ場を利用することになりました。

 瑞穂区と同様に中津川キャンプ場廃止に伴い会場をおんたけ休暇村キャンプ場に変更した市内の区子連は、他に5団体ありますが、10年ほど前には、名古屋市が所有していたキャンプ場は、岳見高原キャンプ場や串原キャンプ場、そして昨年で廃止となった中津川キャンプ場など、複数の青少年健全育成の為の野外活動施設がありましたが、近年の市の行財政改革によって、廃止となり、現在では、一般で利用できる名古屋市所有の青少年健全育成活動のための本格的なキャンプ場は、おんたけ休暇村キャンプ場のみとなっています。

 先般開催された「おんたけ休暇村のこれからを考える公開討論会」でもおんたけ休暇村キャンプ場での子どもたちの体験学習の効果も存続理由のひとつとして挙げられていましたが、私自身が中学生の頃から活動してきたボランティア活動の体験の中に、おんたけ市民休暇村での子ども会リーダー養成キャンプも含まれいて、今回の視察調査では、子どもたちの野外活動を通じて、青少年健全育成の活動拠点としてのおんたけ休暇村を検証してみたい考えています。

 長野県御岳山の標高1400mの大自然の中で子どもたちと子どもたちをサポートするボランティアたちが、様々な野外活動を行い、学び、成長していく様子が本ブログを通じてお伝えできれば幸いです。

 また、今日は、おんたけ休暇村で、NPO団体によるCop10の開催100日前イベントも開催されるとのことで、併せてその様子も調査してきたいと思います。
 それでは、行ってまいります。(^-^)/~~