ブログ

ブログ

国際コンテナ戦略港湾の選定結果

2010年08月06日

2010.08.06
 本日、視察中に随行の名古屋港管理組合職員から国が選定する国際コンテナ戦略港湾に名古屋港と四日市港による伊勢湾は選定されなかったと新聞報道がされているとの報告がありました。

 新聞報道によると国際コンテナ戦略港湾には、既に京浜港(東京港、川崎港、横浜港)と阪神港(神戸港、大阪港)の2港が選定される模様で、今日の夕方に前原国土交通大臣が正式発表する予定です。
 名古屋港管理組合議会では、8月4日から名古屋港の国際競争力強化のための他港調査を行ってきましたが、名古屋港が国際コンテナ戦略港湾選定から漏れてしまった報告を聞いた名港管理組合議会岩村議長は我々調査団に対し「これはこれとして、我々は今後も名古屋港の国際競争力強化に努めていく。」と今後も名古屋港の機能強化をめざす方針に変わりがない決意を語りました。

 今回の国際コンテナ戦略港湾の「選択と集中」戦略は、結果、関東−関西に国際コンテナ戦略を集中するとした判断がされたわけですが、私は今回の調査で釜山港での国策によって進められるビッグスケール開発や低コストセールス等の港湾戦略を見聞きして、こうしたアジア圏のメガポートが激しい国際競争を行なう中で、今後も名古屋港の国際競争力強化の取組みを続けなければならないことをあらためて感じています。