ブログ

ブログ

上海万博名古屋ウィーク閉会式

2010年08月12日

名古屋ウィーク閉会式で総務環境副委員長の立場で挨拶。右隣は岡本やすひろ副委員長

2010.08.12
 上海万博日本館では、パビリオンの一部を日本国内の都市に開放し、それぞれの都市の紹介などを行うイベントステージが設けられ、名古屋市も出展しています。
 万博関連や開府400年関連事業は私が委員長を務める総務環境委員会所管の総務局が担当していて、平成22年度予算では、今回の名古屋ウィークも予算化され、市職員3名が1週間に渡り現地に駐在し対応を行ってきました。

 今年、開府400年を迎えた名古屋市では8月6日から1週間で、日本と名古屋の文化、産業等を伝える展示を行い、ステージでは、市民団体等のみなさんによる名古屋PRが毎日行われ、今日の閉会式には、名古屋市住田代一副市長が挨拶し、その後、私も市議会総務環境委員長の立場で参加者のみなさんに御礼の挨拶と最後の名古屋のPRをさせて頂きました。


上海万博日本館を表敬訪問。

 また、閉会式前には、住田副市長とともに、上海万博日本館を表敬訪問し、中国2010上海国際博覧会陳列区域日本政府副代表で日本館館長の江原規由氏と意見交換をさせて頂きました。
 江原館長によると上海万博で人気パビリオンベスト3となっているのは、中国館、サウジアラビア館と日本館とのことで、「人気パビリオンでは、技術競争が行われているが、日本館は全て自国オリジナルで展開しているのが特徴。」との説明を受けました。

 名古屋ウィークでも、それぞれの展示、イベントステージでは、中国のみなさんの日本に向けての関心の高さを直接感じ、今回の名古屋ウィークや万博視察では、名古屋の観光戦略を始め、都市計画政策についても大変参考になる2日間でした。
 上海万博は、本年10月31日まで開催されています。

上海万博ホームページ

日本館ホームページ

名古屋ウィークで披露された山車とからくり人形の実演は大好評でした。

金の鯱鉾、名古屋城襖絵、前田利家の兜(全てレプリカ)などの名古屋の歴史文化が展示されました。


名古屋の匠による品々も展示されました。


上海万博日本館は、まゆをデザインした人気パビリオンで、1日の2万以上の来館者を迎えています。

名古屋市住田副市長と合流し、万博会場視察、日本館表敬訪問、名古屋ウィーク閉会式等に参加。


日本館館長江原氏(左)と右は市入倉総務局長、日本館の会場スタッフユニフォームは「トキ」を表現しているそうです。


名古屋市の姉妹都市、中国南京市小紅花芸術団のみなさんも演技参加して頂きました。

日本どまん中まつりの紹介とファイナル演舞を披露。


最後は、南京市小紅花芸術団とどまつりチームの総踊りで締め括られました。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。