ブログ

ブログ

県民運動局"政策研究会"…チームワークは抜群です。

2010年10月06日

2010.10.06 Part3
 自民党県連県民運動局では、子育て・教育政策の具体的な立案のため、子育て世代のみなさんとの意見交換会の開催に向けた準備を進めています。
 子育て世代のみなさんとの意見交換会では、幼稚園・保育園児、小学生、中学生の世代別の分科会を行うため、県連女性局長の神戸洋美県会議員を中心に県民運動局役員の中から分科会を担当するコーディネーターチームを編成して政策研究を行っています。

 今日、開かれたコーディネーターチームの政策研究会では、具体的な政策立案に向けて、どういった方針で子育て世代のみなさんとの意見交換会を進めるかについての議論が行われましたが、会議に参加したメンバーたちは、自らの政策や自民党新生への思いも強いあまりに理想論にまで踏み込むでしまうことも度々あり、具体的な政策立案には、対象となる方たちの立場と気持ちに立った立案が最も求められるため、そうした議論を軌道修正しながら、進んでは戻り、進んでは戻りを繰り返し、メンバー同志のイメージを合わせていきました。

 議論の内容は、身近な子育て課題から、子どもたちの未来や我が国の将来展望にまで、広がった課題を「三歩進んで二歩下る」といった雰囲気で議論を重ね(何か数十年前に流行った歌のような表現となってしまいましたが(・・;)ほんとにそんな感じでしたので…)…結果、お互いの思いを見事にまとめ上げ、全体役員会に提案する原案をとりまとめました。
 さすがは、今まで様々な取組みを一緒に行ってきた仲間たちでチームワークは抜群です。