ブログ

ブログ

COP10閉幕…

2010年10月30日

2010.10.30
 名古屋議定書も本日の未明の全体会議で全会一致により採択され、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が閉幕しました。

 今回の名古屋議定書の採択では、医薬品製造などに用いられる生物資源について、先進国と途上国との間での利益配分を巡ってのシビアな駆け引きが続き、こうしたやり取りは、先に開催されたMOP5の「名古屋・クアラルンプール補足議定書」に続いて、生物多様性/生態系保護の世界的な政策には、生物資源を巡る南北関係の現実的な課題が浮き彫りともなり、会議の内容が報道等で私たち市民に明らかにされたことで、生物多様性の根底には、経済活動との深い因果関係とそれによる課題があることもあらためて示されました。


 COP10の議長国である日本は、「名古屋議定書」採択等によって、その職責を果たしたことを世界にアピールできましたが、議長国としての責務はCOP10で終えられたわけでなく、次回、2012年にインドで開催予定のCOP11まで続き、今後は、COP10で議論された生物多様性への課題解決に向けた推進役としての責任を担うことにもなります。

 私は、今回のCOP10開催にあたり、市議会総務環境委員長として、COP10開催中も含め、その準備段階から様々な場面に参加させて頂き、数々の調査を行う機会を得ましたが、今、感じることは、世界会議を開催する国と都市には、開催による地域活性化の効果がもたらされる一方で、そのテーマ、課題に関して、重大な役割と責任も担うこととなるということです。

 今回のCOP10では、2020年までの生物多様性/生態系保護を目的に世界の陸域17%、海域10%の保全等を目標とする「愛知ターゲット」も採択されましたが、生物多様性条約締約国会議の開催地となった愛知県・名古屋市は、こうした目標達成に向けた取り組みにも地方自治体の立場から大きく関わることとなるでしょうし、COP10開催中に河村市長は、生物多様性国際自治体会議で採択された「愛知・名古屋宣言」とともに名古屋市内に生物多様性の情報発信や啓発活動等を行う生物多様性センターの誘致に取り組むことも表明し、将来に向けて、名古屋市が生物多様性の取組みを積極的に推進する考えも示ししています。

 今回のCOP10と先に開催されたMOP5では、名古屋国際会議場の全体会議、記者会見場に設置された議長席等のハイレベルデスク内側には、子どもたちが描いた生態系・生物多様性についての世界へのメッセージが常に掲示されていましたが、私は、COP10/MOP5の開催中、世界のリーダーたちにそのメッセージが届くことを願いながら会議の経緯を見守ってきました。

 地球の未来を守るために世界の人々が集い、数々の成果を上げたCOP10は無事、閉幕しましたが、今回のCOP10/MOP5の開催地となった愛知・名古屋の政策に関わる私たちは、その中での議論や成果の検証を今一度行い、名古屋市が世界の環境政策のリーディング役を担うための政策の総点検を行う必要性を感じています。



COP10/MOP5の議長席列デスクに掲示されていた子どもたちのメッセージ。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。