ブログ

ブログ

NAGOYAアカリナイトJAZZ

2010年12月11日

総務環境委員長として、「NAGOYAアカリナイトJAZZ」の点灯式に参加しました。


久屋大通公園に設置されたWhiteRockは、音楽と映像のコラボレーションライブドーム。

2010.12.11 Part2
 栄の久屋広場で「NAGOYAアカリナイトJAZZ」が開幕しました。
 「NAGOYAアカリナイトJAZZ」は、開府400年を節目にして、テレビ塔を含めた久屋公園一帯で名古屋の"アカリ"の祭典を行おうとする「NAGOYAアカリナイト」の一環のイベントです。
 「NAGOYAアカリナイト」は、今年の10月に栄もちの木広場で行われたプレイベントのテレビ塔ライトアップ点灯式から始まり、今年のクリスマス(12/25)まで、名古屋の夜を彩る様々なイベントが繰り広げられますが、今回の「NAGOYAアカリナイトJAZZ」では、久屋広場に設けられた中部地区初の映像投射式特設ミュージックドーム"WhiteRock"で、国内外で活躍する一流のジャズアーティストによるライブ演奏が毎晩行われます。


「NAGOYAアカリナイトJAZZ」では、今日からクリスマスまで、幻想的なアートとともにジャズの祭典が行われます。

 私は市議会総務環境委員長として、「NAGOYAアカリナイトJAZZ」のオープニング点灯式に参加させて頂きましたが、司会者の合図で点灯スイッチを押すと間もなく、中部地区出身の熊五郎氏デザインによる「炎アート」が、青白く幻想的にドーム内を流れ始め、これからクリスマスまでの夜を演出する"ライブと映像と食"の祭典「NAGOYAアカリナイトJAZZ」がスタートしました。
 「NAGOYAアカリナイトJAZZ」は、今日から25日(土)までの期間限定で開催されます。

「NAGOYAアカリナイトJAZZ」ホームページ
※それぞれの写真はクリックすると拡大します。