ブログ

ブログ

市議会リコール・河村市長辞職の説明

2010年12月17日

2010.12.17 Part2
 政令指定都市で初、名古屋市政でも当然初めてとなる市議会リコールとその是非を問う住民投票や河村市長が愛知県知事選挙とのダブル選挙を画策する市長辞職について、私は、各地域で私の考え方の説明を始めています。


 特に、河村市長が行おうとしている市長辞職と出直し選挙による知事選挙とのダブル選挙では、河村市長の辞職理由も2転3転し根拠が曖昧で、極めて政局戦略的な行為と感じていることをお話し、また、来年2月に行われる見通しの市議会解散の是非を問う住民投票によって、仮に市議会が解散となった場合には、来年度予算審議、議決という市政運営で最も重要な時期の2月〜3月には議会不在状態となることを説明しながら、その場合に懸念される市民生活や地域活動への影響を説明しています。

 もちろん、現段階で市議会解散が決まっているわけではありませんが、それでも私は、今まで市民が経験をしたことの無い今回の事態を受けて、市民生活への影響や地域での混乱を極力を抑えるため、今後、あらゆる機会を通じて、こうした説明を出来るだけ詳しく丁寧に行い、仮に市議会リコールによって議員職を失ってもその対応には全力で取組むことをお話ししていきます。