ブログ

ブログ

伊勢神宮参拝

2011年01月26日

2011.01.26
 後援会のみなさんとともに伊勢神宮を参拝しました。
 この行事は、毎年の後援会恒例行事として開催頂いているもので、参加者のみなさんとともに今年1年の安心安全、郷土発展を祈願しています。
 こうした後援会行事では、参加者のみなさんとの親睦を深めるのと同時に、私から市政報告をさせて頂き、意見、要望を伺う機会としていて、特に今年は、現在の市政での混乱やトリプル選挙への説明をさせて頂く貴重な機会でもありました。

 市議会の解散の是非を問う住民投票では、私からは「議員としての最も重要な仕事は、市民生活に直結する予算審議で、この時期に市議会が解散すれば、その審議をする機会が失われかねない。」「市議会の署名が成立したことは重く受け止めているが、この時期の解散はあってはならないと考えていて、住民投票には『反対』を投じて欲しい。」と説明しています。
 しかし、みなさんの中には、候補者の氏名を記入する通常の選挙とは違い、住民投票での賛成・反対の区別が理解されていないことも多いようで、「議会を解散しないためには、どちら書けばいいのか?」との問い合わせも多く寄せられいるのが現状です。
 


毎年、恒例の後援会のみなさんとの初詣では、1年の安心安全と市政・地域発展を祈願します。

初当選以来、毎年、行ってきた新年ご挨拶と市政報告では、市政や地域の課題とその取組みを報告してきました。


平日にも関わらず、伊勢神宮内宮のおかげ横丁は大勢の参拝者で賑わっていました。