ブログ

ブログ

大阪市会議員選挙

2011年04月02日

2011.04.02
 政令指定都市の内、今回の統一地方選挙とならない都市は、静岡市、北九州市と東日本大震災発生によって選挙が延期となった仙台市、そして、政令指定都市初の市議会解散リコール成立によって、出直し市議選が行われた名古屋市の4都市です。
 全国から注目を集めた市議解散による名古屋市の出直し市議選は、自民党政令指定都市の市会議員たちからも注目され、そうした中で私の選挙には、大阪市会議員からの応援も頂きました。


 今回の統一地方選挙の大阪市会議員選挙では、大坂府市合併を提唱する橋下大坂府知事の地域政党「大坂維新の会」が市会議員候補者を多数擁立しているとのことで、「議会の総入れ換え」を訴え市議会過半数獲得を狙って、河村市長が「減税日本」の候補者を市内各選挙区に複数擁立したこととは、首長主導による 「地域政党 」といった話題性選挙というところで共通点があります。
 私は今日の夕方から、大阪市の自民党市会議員候補の応援に出かけましたが、演説会の応援弁士をさせて頂いた私は、名古屋市での出直し市議選後に75議席中28議席を得て、「減税日本」が市議会第1党となった現在の市議会の様子などをみなさんにご説明し、市民生活を第一にした地方政治、地方議会の必要性を訴えました。