ブログ

ブログ

東山植物園再生の新たな展開

2011年05月26日

東山植物園の最東端にあるお花畑。坂道を上りますがその景色は絶景です。

2011.05.26
 出直し市議選後、初の市議会ガーデニングクラブによる東山植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」夏花壇作りを行いました。
 今日の夏花壇作りでは、新入会員の議員も参加の中で、サルビア・スプレンデス(メキシコ原産シソ科)、ペチュニア(南米原産ナス科)、マトリカニア(西アジアコーカサス地方原産キク科)の苗植えを行いました。

 東山再生の一環で実施されるようになった東山植物園お花畑「花いっぱいプロジェクト」は、昨年の夏花壇作りから始まり、COP10開催にあたっては、市民団体、企業のプロジェクト参加による秋花壇作りパートナーシップ事業も行われて、今年からは、個人による市民のみなさんも加って、6月下旬まで市民参加型の夏花壇作りが行われます。
 また、今年の夏の東山動植物園ナイトズー&ナイトガーデンでは、東山動物園と植物園を結ぶ上池門からお花畑までの新たなルートも加わって、市民参加型東山再生プロジェクトは更なる展開が予定されています。


今年も「花いっぱいプロジェクト」に参加し、市民のみなさんと一緒に東山再生に協力します。

花壇作りの仕上げは、ネームプレートを差し込んで完成です。


3種の花で作った市議会ガーデニングクラブ作の3回目夏花壇の完成です。

※それぞれの写真はクリックすると拡大します。