ブログ

ブログ

減税日本仲良し係??(-.-)?

2011年05月30日

H23.05.30 中日新聞夕刊

2011.05.30 Part2
 報道によると河村市長は、市議会第1会派、減税日本ナゴヤの新たな副団長人事を発表したとのことです。

 28名中27人名が新人議員の減税日本ナゴヤでは、先の出直し市議後……幹事長辞表提出…団長解任要求…会派内の不協和音…河村市長の人事預りと議員総会参加…議員報酬議案や政務調査費の取扱いを巡る騒動……と、その会派運営が、常に話題となる状況ですが、今日、発表された新たな副団長人事は、「減税などに取組むための仲良し係」という何とも理解しづらい内容で、6月定例会を前にして、議員控室の部屋割りが完了し、今日は、仮住まいの控室からの大引越しを始めた減税日本の今回の仲良し係新設には、私の周囲では、期待や評価の声はありません。

 新たに任命された仲良し係によって、会派の意思決定や方針が二転三転し、議会審議や運営の混乱の原因となっていた事態が収拾され、政策議論が出来る体制となることを願いながら、様子を見守るしかないようですが、私には、三大公約以外には、党議拘束をかけないとしてきた減税日本の代表を務める河村市長が、自ら議員総会の度に出席し、議会会派の執行部人事や方針に一々、介入していることの方が問題と思え、河村市長がなければまとまらない議会会派とは何なのかと首を傾げています。

※新聞記事はクリックすると拡大します。