ブログ

ブログ

総務環境委員会…付議議案審査

2011年07月04日

2011.07.04
 今日から総務環境委員会での付議議案審議が始まりました。
 6月定例会の総務環境委員会には、総務局関係補正予算案として、市役所本庁舎の重要文化財指定に向けた調査費(600万円)、市内8地区での地域委員会に関する意見交換会開催費用(約189万円)、リニア中央新幹線開業に向けた都市機能検討調査費(700万円)、河村市長と大村知事の共同政策である中京都構想に関わる中京独立戦略本部運営費(800万円)と環境局関係で住宅太陽光発電設備の設置所(約2億7813万円)、市施設への電球型LED照明の導入費用(約6,193万円)が提案されています。

 今日の総務環境委員会では、総務局関係の議案審議が行われましたが、市役所本庁舎の文化財指定については、現役庁舎としてフル稼働している市役所本庁舎の文化財登録には心配の声があり、地域委員会の意見交換会についても、先の3月議会で市議会が削除修正したものと同様の議案が、僅か数ヶ月で提案されていることに対して、明確な説明がなく、抽象的、曖昧な答弁が繰り返されました。
 また、河村市長が提案する中京都構想の姿も解り難く、それに関連する戦略PTの設置の必要性が質される発言が相次ぐ中、詳細資料の要求が行われました。

 尚、今日の総務環境委員会開会前に行われた市民3分間スピーチでは、「私の期待する市議会議員」、「名古屋市議会基本条例にもとづく市会だよりり充実と議会報告会の開催について」「冷暖房のいらない街」「名古屋市議会・運営についての改善すべき提言」のテーマで4名の市民のみなさんからスピーチが行われましたが、事務局との連絡不足で開会時間を誤認したためスピーチには出席が出来ず、発言者のみなさんには失礼なこととなってしまいました。後日、みなさんの内容は確認させて頂きます。m(__)m