ブログ

ブログ

地域委員会関連予算の再提案

2011年07月13日

2011.07.13
 河村市長は、6月定例会の一般会計補正予算案で、自民、公明、民主の3会派が共同で減額削除の予算修正を行った地域委員会モデル地区での意見交換会費用を再議には付さず、7月20日に臨時議会を招集し、再提案することとしました。

 6月定例会では、地域委員会の意見交換会費用は、189万6,000円が提案されていましたが、平成22年度~23年度の2ヶ年間をモデル期間として始められた市内8地区での地域委員会モデル実施は、2ヶ年を通じた検証とすべきで、モデル実施途中での検証は不合理との判断から、同予算を認めず、削除する修正案を可決しています。
 こうした市議会の議決に対して、河村市長は当初、再議を検討していましたが、災害関連予算なども含れる6月定例会の一般会計補正予算を再議とすることは、同時にその執行も止まることとなるため、再議には付さず、地域委員会関連予算だけを臨時議会に再提案することとしたようです。

 今回、提案される同予算案は、当初の額から参加地域委員の人数等で6万2,000円、職員手当28万8,000円の計35万円が減額されていますが、こうした微修正程度の減額での再提案は、ただ再提案ありきのように思えます。
 臨時議会は、7月20日(水)の午前10時に本会議が開かれ、所管の総務環境委員会での審議、意思決定を経て、7月21日(木)午後2時からの本会議で採決される予定です。