ブログ

ブログ

中京都構想の付帯決議

2011年08月18日

2011.08.18
 中京都構想関連の中京独立戦略本部開催予算に市議会が市民への説明を条件とした付帯決議を付した件について、昨日、河村市長と付帯決議に賛成した自民、公明、民主の団長・幹事長との会談が行われました。

 中京都構想については、河村市長のめざす名古屋の将来像や構想の狙いが解らず、例えば、周辺市町村との合併や市内行政区域のあり方などの名古屋市の位置付けも曖昧で、6月定例会で市議会は、名古屋の将来像や市民へのメリットを明らかにした上での中京独立戦略本部開催を求め、提案された開催予算案に付帯決議を付して認めましたが、こうした市議会の付帯決議に対して、河村市長は、「付帯決議があっては会議が開催できない。」と不満を唱えています。

 昨日の会談でも、河村市長からは、中京都構想による名古屋の将来像などの説明はなく、あくまで付帯決議そのものの見直しを市議会に求めたとのことで、私は、こうした河村市長の態度に1年前の条例不交付4項再議の騒ぎを思い出します。

 河村市長の要求に対して、公明党は会議開催容認の姿勢を示し、自民党、民主党は付帯決議に添った説明を求め、共産党は中京戦略本部会議開催に反対しています。


H23.8.18 朝日新聞朝刊

H23.8.18 中日新聞朝刊


H23.8.18 日本経済新聞朝刊


H23.8.18 毎日新聞朝刊

H23.8.18 読売新聞朝刊

※それぞれの新聞記事はクリックすると拡大します。