調査レポート

調査レポート

KidZania 平成22年2月

 現在、東京と甲子園にあるキッザニアは、メキシコに本拠地があり、世界各地で展開されています。
 メキシコ市と姉妹都市提携を結ぶ名古屋市は、かつてキッザニアの誘致に動いたこともあったようですが、残念ながら現在のところ、実現はしていません。

 出店企業は、自社のノウハウを子ども向けにプログラムして、子どもたちに職業体験を提供し、子どもたちが各ブースでの様々な分野の仕事を体験するとその対価として、オリジナルマネー「キッゾ」が支払われます。

 「キッゾ」は、会場内のデパートで買い物をしたり、ブースでのアトラクションに参加するなどに使えますが、子どもたちの選択で銀行に預けたり、ATMで出し入れすることもでき、警察、消防、病院などもあって、その全てがスタッフの指導のもとで、子どもたちによって営まれ、大人はガラス越しや一定距離からの観覧は可能ですが、職場スペース等には'絶対に'入ることが出来ません。

 また、町の運営には「子ども議会」もあり、子どもたちの発案による町づくりも行われていて、そこには、子どもたちによる、子どもたちのための、子どもたちだけの空間が広がっていました。

子どもたちがつくる。子どもたちの空間。


先ずは、参加する時間帯を受付でエントリーします。

入国ゲート。子どもたちの安全を確保するため、入退場は電子データー管理されています。


天井には、空が描かれ町のムードが演出されています。

みんなの治安と暮らしを守ります。


治安を守る警察、ポリスボックス

警察パトロール隊の出発です。


裁判所もありました。今日は、どんな事件が扱われているのでしょうか?


消防隊の点呼中、隊長から指令で出動です。

火災現場に向かう消防車。急げレスキューファイヤー!!


現場到着!!、道路封鎖!!、消火開始!!


救急隊も活躍。応急処置後は、患者を病院に運びます。患者も子どもです。

患者を乗せて、病院へ急行!!


救急病院に到着。ドクターに引き継ぎます。

みんなの町をつくります。


建設現場では、大型クレーンを操作して、タワーを組み立てます。

内装工事を体験、自分の家の内側の仕組みもよく解ります。


ストリートアート。町の壁画をペインティング。

食物系ビリオンは、いつも大人気です。


生地を伸ばして、焼いて、ピザづくり。

板前になって寿司をにぎって、お客様には「へぃいらっしゃい!!」


パン生地からメロンパンづくり。食物系パビリオンは、いつも大人気です。

私たちの身近な商品は、こうしてつくられています。


コーラのボトリングの仕組みを体験します。

マヨネーズの製造工程を体験。個人的にマヨネーズ好きなので、思わず食い入るように見ていました。(^_^;)


医薬研究者になって商品開発や製造を体験する研究ラボ。


デザイナーの仕事やディスプレイ体験など、ファッション業界は華やかな世界ですが地道な仕事が多いです。

菌培養や顕微鏡研究などの研究を行う子ども博士たち。めざせノーベル賞!!


みんなが大好きなおもちゃの開発、新商品企画に挑戦。

暮らしに欠かせない情報は、こうしてつくられています。


TV局スタジオで、アナウンサー、レポーター、カメラマンと様々な仕事を体験。

ラジオ局でDJに挑戦。のりのりでオンエアー!!


ラジオスタジオの裏方、ディレクターやミキサーも体験できます。


漫画のストーリーを考えて編集、自分だけのオリジナル雑誌をつくります。

今日はどんな出来事が?…新聞社の編集デスクです。


右側に注目…コピー機も子どもサイズです。

その他にも、私たちの周りには、いろいろな仕事がありますね。


緊急オペ中。もちろん手術関係者以外は立ち入り禁止なので外から撮影

あかちゃんを抱いて、気分はチビママ!?君たちも昔はそうして抱かれていたんですよ(^v^)


ライフライン管理は大切な仕事。電力会社の管制室


スリルたっぷり、ビルクライミングにも挑戦できます。

家電修理の仕事体験。


宅配便の配達もあり、様々人と仕事で町が活気づいています。


ホテルは、サービス第一、先ずはお辞儀の練習から。

ホテルの予約確認。


給油等、ガソリンスタンドの仕事体験。

空の仕事もありました。フライトシュミレーターでテイクオフ!!


フライト体験のパビリオン。

キャビンアテンダントの体験、離陸前のライフジャケットの説明です。


いよいよテイクオフ!!現在、自動運転中

仕事体験の他にも様々なサービスもありました。


何の仕事をしようかなぁ?と迷った時は、お仕事紹介のパビリオンへ

町を遊覧して各パビリオン案内も聞けます。もちろん、乗務員も子どもたちのお仕事です。


デパートでは貯まったキッゾで買い物ができます。

仕事をすると貰えるオリジナルマネー"キッゾ"


仕事体験をするとオリジナルマネー「キッゾ」が支払われます。

銀行で貯金もできます。


ATMでのキッゾを入出金。子どもたち町には、オレオレ詐欺などの卑劣な輩はいません。

それぞれの写真はクリックすると拡大します。是非ご覧ください。

 このレポート以外にも様々な業種のハビリオンが多数ありますが、とにかく、理屈抜きでおもしろい。


子ども専用の待ちいす…大人は座れません。

 子どもの空間には大人が入れない仕組みで、行列が出来るパビリオンには、待ちいすがありますが子ども専用で、どんなにお父さんお母さんが疲れていても座れません。(大人用の休憩コーナーもありますから、ご安心ください ^_^ )
 仕事をする子どもたちに気安く話しかけているお母さんが現地スタッフに「仕事中は話しかけないで下さい。」と注意を受け、写真を撮るのに仕事エリアに入ってしまったお父さんも叱られていて、私には、そうした大人への微妙な疎外感も心地良く感じました。
 
 子どもたちの活動、行動に大人たちは最小限しか入り込まない運営ポリシーと子どもたちが楽しみながら、自分たちの暮らしが様々な仕事によって支えられていることを学ぶ仕組みには、大きな魅力を感じ、ファミリーが個人で訪れるほどの大人気のキッザニアは、他都市からのリピーターも多く、名古屋誘致の可能性を再検討出来ないものかとも感じました。